フェリーの客室選び

どの船室で行くかでもかなりの金額の差になります。

スイートから2等まで分かれていますが、

自動車1台につき2等船室の料金は含まれていますので、

その他の船室に変える場合は追加料金になります。

部屋の様子は各フェリー会社のホームページなどで見ていただくと感じがわかると思いますので、ここでは私のお話しをしますと、


●2等船室(大広間にみんなで一緒)
ここで我慢出来れば追加料金も無く行けるのですが、私には無理です(苦笑)昔はフェリーの旅もメジャーではなく2等でもポツポツリの乗客でしたので何とか大丈夫でしたが、最近は格安ツアーなどでフェリーを使うパックがあるようで2等もかなりのにぎわいです、なので一人旅やそんな事とは知らなかった人などがロビーのソファーなどで過ごす姿が見られます。

●2等寝台、B寝台、カジュアルルーム(2段ベットにカーテン)
いびきのすごい人やにぎやかなグループと同じ部屋にならなければ何となくプライベートは守れるグレードの部屋です。最近はほとんどこの船室を利用しています。
仙台ー苫小牧「きそ」のB寝台は新タイプでかなり良いです。

●A寝台、S寝台(カプセルホテル風)
まだ試した事はありませんけれど、テレビも空調も付いているようで。
これも仙台ー苫小牧「きそ」のが凄いですね。

●1等客室、スタンダードルーム(旅館のような個室)
人数に合わせてタイプは和、洋と色々ですが、船によって同じ1等客室でもトイレが部屋についている部屋といない部屋があるので選べれば船も選びたい所です。完全に外界とは遮断されますので小さい子供などがいる家族づれには周りに気を使わないで済むので最適です。
ただし定員に満たないと追加料金を取られます。

●特等、デラックスルーム(ホテルのような個室)
以前一度だけ特等を利用しましたが、シケの日だったため揺れに揺れ、往々にして上級グレードの部屋は階上にあるためさらに揺れて、、と、良い思い出がありません。苦しむにはフル装備で良かったかも(苦笑)

さてどの部屋で行く事にしますか?