‘北海道へフェリーの話’ カテゴリーのアーカイブ

kuma

2007年5月6日日曜日

_MG_6430.jpg

去年のお気に入りのお土産です(笑)

この他にも鮭のマークでサケダスなどもありまして、

お店でも売り切れ多々、

パロティTシャツにもかかわらず、商標登録済みだそうで(爆)

熊出没注意に次ぐヒット商品かも(笑)

【プーマクーマシリーズ】「プ○マ」「PUMA」でなく「クーマ」「KUMA」のTシャツ 青 

ブログランキングでハイエースの順位


人気ブログランキングへ





キャンプ場ガイド

2007年4月7日土曜日

_MG_6258.jpg

こちらで探すと意外に無いもので、これは現地で見つけました。

おかげで計画も現地で(苦笑)

早めに手に入れておきたいものです。

この本は色々見た中では一番見やすかったです。

私の購入したのは2007年版ですが、

最新版が出ています。

北海道キャンプ場ガイド(2007ー2008)

ブログランキングでハイエースの順位


人気ブログランキングへ





フェリーの予約

2007年4月6日金曜日

フェリーを決めたら予約をするのですが、

最近はこれが大変で、、。

特に夏休みの予約などは2ヶ月前の予定日の朝から戦闘モードです(笑)

特に1等船室から埋まっていくようです。

夏休みフェリーで北海道旅行計画の方は早めの予約を忘れずに。

もちろん帰りの予約も取らないと戻って来れませんよぉ(笑)

ブログランキングでハイエースの順位


人気ブログランキングへ





フェリーの客室選び

2007年4月5日木曜日

どの船室で行くかでもかなりの金額の差になります。

スイートから2等まで分かれていますが、

自動車1台につき2等船室の料金は含まれていますので、

その他の船室に変える場合は追加料金になります。

部屋の様子は各フェリー会社のホームページなどで見ていただくと感じがわかると思いますので、ここでは私のお話しをしますと、

(さらに…)

ブログランキングでハイエースの順位


人気ブログランキングへ





フェリー乗り場までのガソリン代

2007年4月4日水曜日

さらに車が走ればガスも使う〜と言う事で

ガソリン代も考えておかないといけません(笑)

ここでも主なフェリー乗り場は、

新潟、大洗、仙台、青森ですが、そこまでのガソリン代をざっと計算すると

*ガソリンはレギュラー120円、ハイオク130円、軽油100円、
燃費は高速という事で1L/9Kmで計算

東京ー大洗(水戸大洗) 約94キロ 
ハイオク        1200円
レギュラー       1300円
軽油          1000円

東京ー新潟(新潟亀田) 約326キロ  
ハイオク        4320円
レギュラー       4680円
軽油          3600円

東京ー仙台(仙台港北) 約348キロ  
ハイオク        4560円
レギュラー       4940円
軽油          3800円

東京ー青森(青森)   約680キロ
ハイオク        9000円
レギュラー       9750円
軽油          6800円

これだけフェリー代と高速代にプラスになります。

燃費は大事という事でこちらもよろしく(笑)

燃費向上のブログ

ブログランキングでハイエースの順位


人気ブログランキングへ





北海道へのフェリー航路

2007年4月2日月曜日

北海道へフェリーで行くには

● 新日本海フェリー
新潟ー小樽    10:30 → 翌日4:30 (乗船約18時間)

● 東日本フェリー
青森ー函館    1日9便前後 (乗船約4時間)
青森ー室蘭    13:30 → 20:00 (乗船約7時間)

● 商船三井フェリー
大洗ー苫小牧   18:30 → 翌日13:30 (乗船約19時間)
         02:00 → 当日19:40 (乗船約20時間)

● 太平洋フェリー
仙台ー苫小牧   19:00 → 翌日9:20 (乗船約15時間)

という所だと思うのですが、

私の場合は

1、高速代とガス代が掛からない。
2、北海道に着く前に運転で疲れない。
3、到着時間がちょうど良い(夕方便)

という理由で主に大洗ー苫小牧を利用しています。

どの航路もそれなりに船に特徴があります。

色々試してみるのも面白いと思います。

ブログランキングでハイエースの順位


人気ブログランキングへ